FC2ブログ

2019/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
vショップよりお知らせ
IMG_0145_201912051501409ac.jpg


先日来 続けて
「迷いカツオ」を食べました。 

遠州灘で育った
カツオ大好き人間なので
是非食べておきたかったのです。 

写真は2回目のものです。

静岡ではカツオとマグロで
一年中赤身のきれるときはありません。 

一面真っ赤な刺身売場を見て
主人も、娘の婿も、息子も
毎回驚きます。


IMG_0151_2019120515013570a.jpg



カツオの旬は春と秋の2回です。

フィリピン沖から黒潮にのって
太平洋岸を北上し 

鮮烈な血の匂いを含む酸味は
初夏の味覚として
江戸っ子の好きな
「初カツオ」です。
 


IMG_0147.jpg


北上するカツオは9月に三陸に達し
産卵準備ですごい食欲になり、 

えさのイワシを追って
Uターンし、南下します。
 

脂がのった安芸の味覚
「戻りカツオ」です。 

初カツオの10倍の脂といいます。 




IMG_0148.jpg


ところが
本来黒潮にのって北上する
カツオの一部が

対馬海峡に入り、萩、島根、富山、佐渡と
北上します。
 

冷たい日本海の海水を泳ぎ、身がしまり、
脂のりと豊かな甘みと香りの
「迷いカツオ」と呼ばれ 
カツオ隙の垂涎の的となります。
 




IMG_9867.jpg


小型のメジマグロの群れに入り込み
同じエサを食べ、
同じ行動をしているのだそうです。
 

私が料理をしたので
刺身がヘタで
公開をためらっていた刺身です。 

ただ 身の霜降りがすばらしいのと
カツオ特有の生臭さがなく、
すごいカツオを体験したと思いました。
 



IMG_9866.jpg


私は皮を引くのもヘタなので、
皮に塩をふりかけて
焼きました。
 

刺身とは別物で
すごくおいしくて、
脂がすごかったです。
 

上手な人たちは
サッと皮をひいて捨ててしまうので

今度「皮ちょうだい」と言おうかと思います。
でも私みたいにヘタにひいたのでないと
美味しくないのかもしれません。
 



今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_0090_20191128151828fc4.jpg


今日は魚市場の話でなく、
先日とても感銘を受けたことを書きます。 

22.23の連休に行った
長野県松本市で、

松本城のほかに
開智学校(国宝)を見た時のことです。
 

古い この写真は
幼児をつれた子供たちが
勉強している写真です。 

見たこともない光景で、
こういうことがあったのか
「すごい」と

感激して 涙がにじみました。 




IMG_0091.jpg


写真は 幼児をおぶった子守たちです。 

「子守教育」とは
家庭が貧しく、
幼い頃より奉公(子守)に出ている
子供たちを対象にした教育です。
 

長野県は今でも
「教育県」と言われますが、
こういうことがあるのか
こういうことをやっていたのか
と驚きでした。
 

「松本に子守に来れば
学校に行ける」と
岐阜や富山、新潟などからも
子守奉公に来たそうです。
 



IMG_0068_20191128151834bb2.jpg


授業料は無償とはいえ、
子守の生徒達は奉公のため、
欠席することが多く、

大正7年の報告によると、
卒業生は入学者数の
1割程度だったようです
。 

松本では
明治31年に
「幾分の教育を加へん」と
読み書きや算術を教えたのが
始まりだそうです。 


IMG_0071.jpg



翌32年、開智学校男子部の中に
「子守教育所」として
正式に開設され、
放課後に授業が行われました。 

翌年には開智学校女子部に移転し、
その後 昭和9年(1934)まで存続し、
その後は併設の特別学級に組み込まれました。
 

長野県では
「子守教育」は明治16年に始まり
県内各地で行われたそうです。
 
 


IMG_0092.jpg



開智学校は
昭和39年まで使用されていたそうで
私は小学校6年で、
あまりに身近で驚きました。 

「子守教育所」は
昭和9年まで存続してから

併設の特別学級に組み込まれ・・・
とのことですが、
 

父や母が6歳の頃までは
この写真の光景があったということで、
これも驚きでした。
 



IMG_0101_201911281518389e4.jpg



今迄 全く聞いた事のないことだったし
身近な年代にこんなことが
とも思いましたし、


さすが「教育県」と言われる長野県だと思いました。 

開智学校が保存している教育資料は
日本で一番の膨大な量だそうです。
 

写真は
教室に入り口の床の木です。


こんなに磨り減っています。
講堂とか校長室とかとは
磨り減り方がすごくて、
 

きっと入り口の木は
踏まないようにまたいで入れと言われていたはずなのに
この磨り減り方
これも心に沁みた光景の1つでした。
 



古い写真とともに
心に沁みた忘れられない旅行になりました。
 





これをお伝えしたくて
ブログの場をお借りしました。
今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_9942.jpg


今朝 あちこちから
電話をいただきました。
 

今朝の中国新聞に
「廿日市沖でクロマグロ」
という記事が出ていました。

瀬戸内海でクロマグロが獲れたって
ニュースです。
 

瀬戸内海ってブリも獲れるし
スナメリという小さなクジラもいますが、

「マグロもかぁ 」とビックリ。 

瀬戸内海は、四国に挟まれた
波の少ない
狭い海・・・と
太平洋に面した遠州灘で育った私は
思いがちですが、
 

外海としっかりつながっている、
「海」なんだなぁ・・・と
あらためて感動しました。
 



IMG_9945.jpg


入荷は11月10日。
ニュースで出たので、


漁師さんのフェイスブックなどにも
「さぁ、マグロを獲りに行って来っかぁ」など
にぎやかでした。
 

社長に聞いたら
重さ5~6キロのこの辺では
「ヨコワ」というサイズですので、

「脂は少なかった」と言ってました。
 

瀬戸内海のマグロということで
面白かったし、
なんか宣伝効果が高かったです。 



IMG_7719_20191120125336a1b.jpg


昨日ハモをしました。
会社に入った若い子の
腕を見るようおろしてもらい
それを買いました。
 

「ハモゆぶき」を少し作り、
あとは鍋にしました。
 


IMG_9939.jpg


ゆぶきは大好きですが、
「いやーっ、冬は鍋だねぇ」 

ゆぶきに比べて鍋のハモは
口当たりがやさしく、 

「冬はこの熱いやわらかさがうれしいねぇ」と
堪能しました。 




今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_9608.jpg

「ノルウェー産のミンククジラは
なぜ黒いの 」というポスターを
魚市の展示会で見ました。
 

「黒い赤肉は
濃厚で美味しい証」と書いてあります。 



IMG_9603_20191116154846404.jpg

「クジラの赤肉には
鉄を持った
ミオグロビンが抱負に含まれています。 

クジラが大きくなるほど
ミオグロビンの量は多くなり、
お肉の色は濃くなります。
 

ノルウェープレミアムミンククジラは、
ホッ協会の冷たい海で
脂がのった魚を
たくさん食べて
美味しく大きく育ちます。」 
と書いてありました。


今は商業捕鯨が再開されて
冷凍していない生のままのクジラ肉が
流通しはじめているのも
料理の楽しさアップ  です。




IMG_9604.jpg


クジラの栄養は 簡単に言うと
「高タンパク、低脂肪、バレニン」  

バレニンは体脂肪を効率よく燃やして
さらに疲労物質の発生を抑制するそうです。 

バレニンを活用した
スポーツ選手用のサプリまであるそうです。
 


IMG_2742_201911161547442b3.jpg


吉文の事務所に入ったところに
お腹に バレニンの「バ」とアップリケされた
クジラのバレニンちゃん人形が
飾ってあります。
 

商業捕鯨再開にあたって
伝統的な料理法だけでなく
もっと提案していったらいいと思います
 

ノルウェーでは
クジラステーキを食べるそうです。 

カルパッチョもするそうです。
日本では刺身をするからいいかもです。 



IMG_2213_2019111615474362f.jpg


バレニンはクジラの赤肉に多いのですが、
おろし生姜でより効果的になるそうです。

一番効果的にバレニンをとるのは
クジラの赤肉を、
おろし生姜とおろしにんにくに30分ひたし、
強火で10秒加熱してから
酸味を加えた味付けで食べる 

と載っていました。
自分で試してないので
こんどやってみようと思います。
 




今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_9758.jpg


「台風19号で宮城県で
養カキ650トン落下」
 

と2週間ほど前の
業界新聞に載っていました。
 

養殖用カキのイカダから
殻付カキの落下が650トン 


とんでもない量です。 


IMG_1855_2019111215271781d.jpg


これを読んで
ふと思ったのは・・・・

「落ちたカキはどうなるんだろう
と読んだ後もずっと心に残っていました。
 

先日・・・・そういえば昔・・・・
「イカダの下に落ちたカキを
拾ってきて出荷してくる。」
「カキ養殖業者ではない人が
出荷してくる。」 

という話を聞いたことがある
と思い出しました。
 




Img_6059_201911121527194ba.jpg
           (写真は江田島の養殖カキです)

650トンものカキを
なんとか助ける道があるのでは
と思い、漁師さんに聞いてみました。
 

すると
「落ちカキ漁っていうんよ」

底引き網みたいので
ナマコのようにざーっと獲ると
たくさん獲れるよ。
」 

「昔はあったけど、
今、広島は保険所で禁止されている。
カキのフンが貯まって
海底にヘドロになっているから。」
 



DSCN6494_20191112152718693.jpg
            (写真は殻付カキから むき身を取り出すカキ打ち作業場です。)


「東北などあっちのは
外海に近いから
カキのフンが流されるだろうから、 

落ちカキが使えると思うよ。」
とのことでした。
 

「ふーん、じゃぁ・・・・
私が知らないままに気をもんでいるより

なんとかなっているのかもしれないね。」
と話ました。
 

なんとかなっているといいなぁ 




今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ