2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
DSCN4685_20170519143947852.jpg


入荷の多い日が続いています。
「日本中でよく獲れている」と現場担当
。 

5月8日に書いた続きを書きます。

「近郊漁業」で生きる町の漁師たち。 

漁村ではなく 
街の中に溶け込んで暮らしていて
普通に暮らしていて分かりません。
 

専業漁師は 広島市漁協に属しているのは
20人いないくらいだそうです。 






IMG_6953_20170519144328560.jpg


吉文のブログを通して知り合いになった
街の漁師にうかがった大体の動きでは・・・

4月1日からお盆までは カレイ網。 
お盆まで入れっぱなしで
毎日網を上げては落とす。
 

メインは値段の高いカレイ。
オコゼ、ハゲ、甲イカなど色んなものがかかるそうです。


お盆から秋までは網の仕立て。  

秋は10月いっぱいまでワタリカニの網。 

その後はナマコの漁り漁(アサリリョウ)と
ワカメの養殖だそうです。
 



IMG_2985_201705191443293eb.jpg



カレイ網は
3~4日おいても
カレイやオコゼは
かかっても暴れないので死なないそうです。
 

去年までは毎日網を上げて
よく獲れていましたが、
今年は少ないので
2~3日寝かせておく(寝網)そうです。
 




DSCN1257_20170519143948103.jpg


ただ5月末から 「ナルトビエイ」が
多い日は50匹 
一匹20~50キロあるのですごいそうです。
 

網もバラバラになります。
とにかく殺して捨てる。
 

網を移動して、
エイのいない所に持って行きますが
魚は少なくなるとのこと。
 

アカエイなら安くてもまだ売れますが
ナルトビエイはだめだそうです。

何とか食べて減らすという方法を考えなきゃぁと思います。
 



IMG_9916.jpg


春は放流もします。 

カレイ、メバル、ホゴメバルを今年も放流したそうです。

メバルは2万匹(一匹30円)
ホゴメバルは5万匹(一匹25円)
 

これがちょっと大きくなると
カワウが食べるのだそうです。
 

カワウは市場で見ているだけでも
本当に増えてきています。
 

浮桟橋で見てもせっせと長い時間潜り、
思いもかけないあたりの水中から出てきます。

仁保と似島の間の峠島に大きなコロニーがあって
ものすごい数がいるそうです。 



IMG_9523.jpg



このほかにもタコ壷漁をしたり、 
サザエを掬って獲ったり
海の状況と市場のニーズに合わせて

細かくフットワークよく働いています。 

「いかに元気な漁村を作るか。
 いかに強い漁村を作るか。」が 
課題とよく言われますが、 

町では
「いかに元気な漁師を作るか。
 いかに強い漁師を作るか。」です。
 

漁師があってこそ、
漁師が魚を獲ってくれてこそで、
私達流通業者があり、
消費者があります。 

町に漁師がいて、
町の人の需要に合わせて
魚を獲ってくれる。
 

それを知っていただいて
じゃぁどうしたらいいか

小さいかもしれないけど
カワウのコロニーを撤去したら減るかなど

ちょっとでも漁師が元気に
魚を獲れるように
考えねばと思います。
 





きょうもご訪問ありがとうございました。 


今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_0294_2017051616114296d.jpg


県北は今朝5度
八幡は4度だったそうです 

「今は田植えが終わって
"泥落とし”で みんな旅行に行く。 

千代田交通など地元の観光バスが
あちこちに迎えに来て 止まっている。」 

と県北担当が言います。
先日までは
「耕運機や田植え機なんかが
道路に大きな泥のかたまりをボタボタ落として
ゆっくりゆっくり走っていく」とこぼしていましたが
 

「今ぁ だーれもおらんよ。
泥落としにいってるけぇ」と言って帰りました。
 




IMG_9919_201705161611416f3.jpg



県北の稲作行事に欠かせない
万作(シイラ)が昨日少し入荷したのを
持って出た県北担当。

「ゴールデンウィークに
出た人たちが帰ってきて田植えをいっせいにするのに
万作のない田植え時は初めてだ」と言っていました。


GWが過ぎてしまいましたが万作が少し入りました。 

でも県北は塩をすりこんで
酢醤油で生を食べるので
大きなよいものでないといけません。
今日のは柔らかいと
よくなかったという電話がいくつか入りました。
 



IMG_9582.jpg


いよいよカキも終わりで
もう少ししか入荷がありません。 

オリーブオイルで煮込みました。 

冷蔵庫で1ヶ月以上もつので
これで当分楽しめます。 

アヒージョの作り方と同じようなモンです。
加熱時間が長いだけです。
 



DSCN3211_20170516161139c12.jpg


フライパンにニンニクを存分にいれ
カキを入れ
オリーブオイルを潜るくらいに入れ加熱。
 

今の時期はカキが大きいので
保存性のためにも長めに加熱。
 

塩と多めの刻みパセリを入れ
もう少し加熱したら出来上がり。


これを冷蔵庫で保存しますが、
オイルをフランスパンにつけて食べると
すっごくおいしいです。
 

オイスターソースをいれるつもりの野菜炒めの
油にも便利です。
 

カキは亜鉛、タウリン、カリウム、マグネシウム、グリコーゲンが
特に多い食品なので、 

一度にガッと食べるより
こうして2粒くらいづつ食べるといいのです。
この冬も何度も作りました。
 





キョウモゴホウモンアリガトウゴザイマシタ。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_0281.jpg


隣の仲卸にあった
マグロの頭と尻尾です。
 

「マグローっ」というワクワクした感じがして
この前を通るのが好きです。
 

ほっぺの所にシールがはってあり
「長崎県五島産」とありました。

よくフェイスブックに長崎県のマグロ漁師さんが
投稿しています。
 




IMG_0280.jpg


今日は昨日よりは入荷が多く、
やや多めという感じでした。
 

友達と分けっこしようと言っていた
大きいカツオは入荷がなく
小カツオのみで、
なかなかモリモリとした入荷になりません。
 



IMG_0290.jpg




活かしで配達する「オマールエビ」 

パワフルに脱走を試み中です  

ゴールデンウィークの後の土曜日ということで
土曜日にしたら注文は少なめで
いつもより少し早く事務所に上がりました。
 


IMG_0265.jpg


先日 広島湾で漁をしている漁師さんから
昆布を頂いた話をしましたが

もっと社員みんなに知って欲しくて
紙に書いて貼り出しました。
 

色んな人に知って欲しく、
実感して欲しくて、
 

銀行の営業マンなど来社した人に
無理矢理食べてもらっています。 



IMG_0267.jpg



こんな風に置いています。

食べた人たちは
「広島湾でワカメや昆布の養殖をしているのか」 
「利尻昆布からは想像できない
 成長途中の感じ 」とか言うので、

この春は広島湾のワカメも昆布も
生育不漁で獲れなかった
話をします。
 

事務所の中でする
ささやかな小さな活動です。
 




今日もご訪問ありがとうございました。 


今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_0200_20170509152251bfd.jpg



先日漁師さんから
広島湾産の昆布をいただきました。
。 

南区の元宇品で養殖した
広島湾産の昆布だそうです。
 

事務所において
皆でちぎって試食しました。


塩分が強かったけど
おいしくてちょこちょこつまみました。
 




IMG_8610.jpg




今年は広島湾で養殖している
ワカメや昆布の出来が悪くて
昆布も例年の半分の大きさにしかならなかったそうです。
 

そういえば市場でも広島湾産のワカメのパック入りが
春にすこしづつ出荷されてくるのですが
今年は本当に少なかったです。
 

「獲れんかったんとぉ」と
現場で売っている人が言っていました。
 




IMG_9208_20170509152248ae8.jpg


漁師さんに教わった
ほやほやの知識ですが・・・


昆布の養殖は
昆布の種が
細いタコ糸に種をつけられているものが
送られてきて
 

それを太いロープに巻きつけ
海面から1.5mくらいに沈めるのだそうです。
 

12月中旬頃に
海水温が15度以下にならないとだめで、
 

2月初めに5~10cmになり、
4月末に5mくらいになるのだそうです。
 



IMG_8615.jpg



養殖の施設は
4月末までに全て撤去しないといけない。
撤去が遅れると 違反になるのだそうです。
県の養殖の許可がそうなっているからだそうです。 

作る許可は県がしていて、
出荷の許可はまた別らしく


来年許可が取れたら
昆布を出荷してみたいとも言っていたので
来年が待ちどおしくなりました。
 




IMG_0210_20170509152249743.jpg


種の代金は 昆布はワカメの倍の値段だそうですから
とても大変なんだと思います。
 
でも・・・

「昆布の新芽のしゃぶしゃぶは
すごくおいしい」と言っていましたので
なんだかとてもワクワクです。
 

どうしてこの冬はワカメも昆布もよく育たなかったのか
それはカキの成長が遅れたりすることと
関係するような海の状態のことなのか?とか
気になります。
 




でも広島市のすぐ前の海で 
漁師さんたちが
いろんな努力を次々されていることを
みなさんに知って頂きたくて書きました。 


次回は広島湾に生きる漁師さんのことを
もっと書いてみようと思います。
 

今日もご訪問ありがとうございました。 




今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ