FC2ブログ

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
IMG_5943_20180915124955dd1.jpg


まるで直角のような
すごいデコチンと受け口の
「万作」(シイラ)です。
 

この名前ゆえに
広島の県北地方では
稲作の諸行事に欠かせません。 

刺身で食べるので
うんとよい身質でないといけません。
 

今日は敬老の日の連休前日で
忙しかったです。
 

今年は県北地方の
敬老の日イベントが
先週の日曜日はじめ3日くらいに
各町ばらけて開催されたので
助かったと県北担当ドライバー。

万作も大活躍でした。




IMG_5946.jpg


「秋ハモ」は脂がのって
夏とは違う
味わい深さがあります。
 

値段も祇園祭などの頃より
ずっと下がってくるので
気軽に使いやすくなっています。 

夏ではちょっともったいないような
私のヘタな腕前でも
ハモが楽しめます。
 

松茸が出て土瓶蒸しを作るころは
なによりの楽しみです。 




IMG_5945.jpg


骨切りをしているハモの写真を撮っていたら
「ハンサムに撮ってよ」と言われ、
改めて撮りなおしました。
 

加工担当のハモ・・・いやハタさんです。 

ハモを蒲焼にして角寿司にのせてみたら・・・
うすく葛粉をふって炊き合わせにしたら・・・
イヤ、その前に天麩羅じゃろ・・・ 

仕事に追われながら
心が飛んでいってしまいました。 



IMG_5682.jpg



心が飛んでゆくネタがたくさんあるのも
幸せな事で、
市場勤めの幸せのひとつです。
 

ネット情報ですが、
ハモって、古くはハム、ハミと言い、
噛む、食べるという意味で
獲物や人に向かって
するどい歯で向かってくることからとのこと。 

獰猛(どうもう)で生命力が強いと書いてありますが、
あの「やる気」の「強気」はやっぱりねと思います。
 




今日もご訪問ありがとうございました。 

今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_5915.jpg


ケン・ツマ屋の店頭で
「青クリ」が季節感を
主張していました。 

台風以降急に涼風がたち
秋物商品の動きが加速しているようです。 

青クリは もっと緑色だったのに
写真がうまく撮れていず残念。 



IMG_5921_20180908084156cd2.jpg


今日店頭で好評だったのが
スポットで入れた

「トマトにあうカツオ」 


スパイスとオリーブオイルで
おしゃれな味付けをした
洋風ナマリ節です。
 

加熱した赤身はぱさぱさになりがちですが、
しっとりして全く別物で、

サラダチキンの魚版として
美味しくて便利な焼津カツオです。

私が実家に行った時に
新幹線の駅でおみやげに何本か買って
美味しかったので
ほとんど家で食べてしまったのを
引いてみました。



IMG_5918.jpg


大きい岩カキです。 

秋の味を追いかけていますが、
遣り残した夏も 心残りです。
 
「十分に食べきってないなぁ・・」

今シーズン用の
カキの価格表が
カキ業者から送られてきて
よけいに心があせります。
 



IMG_5923_201809080841530e7.jpg


風と雨のわりには
思ったより入荷がありました。
 

北海道の地震の影響か
サンマは高かったです。
 

夕食にシメサバ用のサバを買いました。
おろしてもらいましたが
まだ脂のりはもうすこしでした。





今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_5364.jpg


オコゼ」は
基本的に茶褐色ですが、
アルビノで黄色っぽいのがあります。 

これは朱色でとてもキレイ。 

小さいので
当分現場の水槽で
ペットになっていました。
 




IMG_5882.jpg


これは茶褐色との混じりの
アルビノです。
 

オコゼは「鬼虎魚」と書き
「冬のフグ・夏のオコゼ」といわれる人気です。 

関西や瀬戸内地方では
人気の魚で

広島県呉市では
「呉オコゼ」としてブランド化しています。 



IMG_5647_20180904153159a8b.jpg


「活け造り」はもちろん、
骨ごとバリバリの「唐揚げ」、
あじの濃い「味噌汁」
がオススメで、
 

皮やアラからよい出汁が出ますし、
アラや皮を揚げてもおいしいです。
 


IMG_5655_20180904153156670.jpg


ウロコはなく、
成長が遅く、

漁獲サイズになるのに
3年以上かかる

とネットに書いてありました。 

背びれなどの針に毒があり、
「ハモハサミ」で持つこともあります。
 




IMG_5657_2018090415315558b.jpg


背びれの 毒のある針は切り取って
売ります。 

切り取った後の針でも刺されます。 

旬は晩春から夏ですが、
寒い時期も美味しいです。
 


大きい台風ですが
いかがですか
 

福岡の市場から
全く普通だったと聞いて

広島はどうかとハラハラしましたが
広島も2時には青空と太陽が出て
ありがたいことに影響はありませんでした。
 

台風は大きいので
進行コースにかかる皆様のご無事と
大難は小難になりますよう
お祈りいたします。
 





今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_5905_20180901152854deb.jpg


今日買いたかった3品です。 
3品とも 北国からの商品ばかりになり、

こんなにまだまだ猛暑で豪雨続きでも
季節は確実に進んでいることを
感じました。
 

「金華育ちの活〆霜降りサバ」 




IMG_5910_20180901152852d10.jpg


「スジコ」 

このところ続けて入荷していて
買いたくてたまりません。
 

この赤い華やかなスジコは
まだまだひたっている
夏の暑さから
気持ちをシャンとさせます。
 


IMG_5909.jpg


土曜の夜の
スジコ調理のシュミレーションをしていたのに
売切れてしまっていました。 

この箱に入っていました。
稚内東部(㈱)という箱で・・・。
 


IMG_5908_20180901152848676.jpg


その箱の下には
こんな産地名が・・・

枝幸、頓別、猿払、宗谷、稚内、抜海
と並んでいて、
猿払産となっていました。
 

私は魚の箱の
産地名や港名、漁協名などを見るのが
大好きです。
 

地理好きで歴史好きで
いろんなものに興味しんしんなので
そこに印刷された名前ひとつで
 

いろんなことを思い
心が飛んでゆきます。 

今日はこの猿払で飛びました。
 



IMG_5906.jpg


テレビで
「サンマ豊漁」というニュースが流れ、

急にサンマの売れが良くなりました。
 

サイズが大きいほうが高く、
小さくなるほど安いです。 

「超特売 サンマ1本何円」というチラシには
サイズはほとんど書いてありません。


テレビで無料で好きなだけなんて
映像が流れ、そのニュースでは
「小さいサンマを」と言いましたが
ほとんどのニュースでは言わず、
誤解を招いていました。
 

それでもこのニュースなどで
サンマの動きに拍車がかかり、
担当者が「週明けちゃんと入荷するかナァ 」
と心配していました。
 




今日もご訪問ありがとうございました。





今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
IMG_5894.jpg


今日はまだ風が強く、
氷屋に氷の配達を頼んでも 遅かったです。
 

風で溶ける氷が多く
注文が多いからと氷屋が言っていました。
 

今日 一番驚いたのは
この小イワシでした。 

台風後の あの吹き戻しの大風の中
小イワシ漁の船が出ていたのです。 

荷受の人が先方に電話した時、
「今日も出す。明日も出す。」 
と言ったそうで、

その電話さえ
風の音が大きくて
半分くらいしか聞こえないという状態だったそうです。 


小イワシは獲っておくことが出来ない商品です。
すぐに目が赤くなってきます。
 

うちの社長が
「あんな風の中で出るなんて
想像できん 
と言っていました。
 




IMG_5896.jpg


木曜日は荷がない。
金曜日はもっとない。
土曜日はさらにない。


と言われましたが、
そのとおりの荷の少なさでした。
 

取り置いたり、
生かして囲っておいてあったものも減り、
「よぅこれが入荷したね」という
感謝の魚達でした。
 

日本中あっちもこっちも台風や低気圧だらけでしたので
ここはだめだけど、こっちはなんとか来たなぁ
という入荷も少なかったです。
 

写真は今朝6時半ころの
草津港。
 

波はだいぶ収まってきたものの
ゾワゾワという状態です。
 



IMG_5889_20180825085837ce4.jpg


これは昨日午前10時半頃の草津港。

港の中でも
波がダプンダプンしていました。
 

足をふんばっても
風で体が動かされました。


よくあの風の中
小イワシを獲りに行ったヨナァと思いました。
 

まして姫路は
台風が上陸した場所です。
 

社長は
「広島みたいな小さな船でなく
大きい船だったんじゃないかなぁ」と言いました。
 

いろんな職業がありますが、
漁師は日々「命をかけて」います。 

そんな漁師さんと魚に感謝です。
  



今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ