FC2ブログ

2008/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索




袖口がじゃまだからと半袖を着ていたのは 
立冬までで

それが一週間前なんて信じられない
寒さです  










寒波が来ると 海が荒れ  
入荷量が減ります。  

このところ入荷量が少ない日が続いていて
市休日水曜明けの今日は

もっと荷があったら  
もっと売上がいくのにと惜しかったです。 









きのうは「ハモ鍋」をしました。 

ハモの旬は6月から8月頃ですが  
おいしかったです。

どんなものでも「旬」はおいしいのですが   
旬の頃は 値段も高い物もあり、  

ハモや天然のぶりなど
旬をはずした頃の楽しみ方もおすすめです。 

年末に向け 値が上がっていく天然のぶりも
正月明けから落ち着きだし

春に向かって値が下がってゆきます。 
脂ののりなど落ちてくるのですが 

品質はそこそこなのに 価格は安いというあたりは 
おすすめです。  

安いからぞんぶんに食べるような
遠慮のない料理もおすすめです。 










昨日のハモ鍋
骨切りしたハモを切り、
強火で焼いて入れました。   

焼いた事で、表面がしっかりして 香ばしく
こげたとこの食感と香りもおいしく
がっつり食べました。   

じつは白ネギも焼いてあり おいしかったです。   

「旬には旬の」、「旬を外れた時は外れた時の」  
楽しさがありますよーっ  









広島の郷土料理に八寸」というのがあり
お祭り他よく作ります。   

大体 鶏肉や海老を入れますが 
草津の八寸はハモでなきゃあ」と主人は言います。 

夏の高いハモだとたくさん入れたら
すごい高くなってしまいます。 

旬をはずせばこそ!の、ハモがっつりの八寸です。    

(写真欄が余ったので、これは甘エビです。)





今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
[旬はずれ]の続きを読む