FC2ブログ

2010/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
728.jpg




ここんとこ あまり魚は多くありません。
特に近海物が少ないです。

お客さんの動きは週末ということもありよかったです

今まで一枚の注文なのに 突然たくさん注文が来たりなんてことがチラホラで
年度末に加えて、お花見シーズンの影響がそろそろ出だしたんじゃあないかななんて
現場の若い子同士が話していました。



 

PICT0305.jpg




お客さんから教えて頂いて、事務の女の子が作り、
社内で大好評だった 「カキのオイル漬け」をご紹介いたします。 

材料
生カキ      300g
月桂樹の葉    1枚
赤とうがらし   1本 (種は取り除いても、そのままでもよい)
オイスターソース  大匙2~3杯

漬けるオイル
サラダオイルとごま油を 1:2の割合で。
       (半々でも、ごま油を少なくでも、好みで割合を変えてもよい)







PICT0311.jpg




カキをとうがらしと月桂樹の葉を 
フライパンで 水気がなくなるまでから煎りします
(身が崩れないように)

水気がなくなったら、オイスターソースを入れ、
さらにから煎りし

身がオイスターソースをすいこんだら、火を止め、
常温になるまでさまします。






PICT0318.jpg




ビンに オイルとカキと月桂樹の葉ととうがらしを入れ、漬け込みます。

すぐにでも食べられますが、
2~3日たつと味が落ち着きます。

冷蔵庫で1ヶ月くらいもつそうです。
(食べてしまったので、ここまではためしていませんが)




PICT0323.jpg




食べる時に、きざみネギか 白髪ネギをのせるとよい。
とのことでした。




会社ではこれを作った次の日にすぐ食べたのですが・・・

シンプルにカキなのに
そのカキにオイスターソースでしっかり味が付いていて
おいしくてびっくりでした。 

2日めなのに、オイルもいい味と言って
試食用の小皿のオイルを飲み干している人達もいました。




PICT0325.jpg




3~4日とたつと、
カキの表面の味が、カキの内部やオイルに浸み込んで
味が薄くなると言うか、落ち着くと言うか
オイル漬けらしい味になってきました。

私はあの2日目のインパクトのある味が好きでした。
4~5日目くらいの味が好きだと言う人もいました。



教えて頂いたかたのお話によると
漬けたあとのオイルはおいしいので
炒め物やチャーハンなどいろんな料理に重宝するそうです。

生カキは日持ちがしないので
これを作っておいたら、
いろんな時に気軽に使え、
ちょっとした食材としても、いろんな料理使えていいなあと思いました。



生カキは大体3月いっぱい位で、
以降は冷凍にまわされるので

今が底値だし、私も作り置きしようと思います


よいものを教えて頂きありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします。(感謝
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ