FC2ブログ

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
DSCN1349_20110307153453.jpg
       
         (写真は今日のではありません)



今日、地物でまとまった量があったのはカレイだけで、
地サバは高くて、刺身用のサバという注文につかえないくらいでした。


サゴシはなく、サワラも高かったです。




DSCN5470_20110307153528.jpg




瀬戸内海沿岸では サワラは刺身用商材です。



魚遍に春と書いて「サワラ」と読みますが、 
旬は1~2月で、「寒サワラ」と呼ばれます。 


春と書くのは、春によく獲れるからだそうです。
春に、産卵の為備讃瀬戸のあたりに集まってきます。
 

このため岡山を中心にサワラを生食する文化が育っていて、
サワラを使ったバラ寿司は岡山名物です。





DSCN5398.jpg



関東のほうでは、サワラは焼き物か、揚げ物用として使われます

そのため、九州産の「一入り」(箱に一本入っている、大きいサイズ)や「二入り」なんかは
関東方面には行きません。


関東方面に持っていっても、
焼き物とか、揚げ物用の値段しかつかないからです。



刺身で食べる広島や岡山に入荷してこその評価、価値なので、
よいサワラが集まります。
 



DSCN0233.jpg
     (場内で見た、干青海苔の新物です)




サワラは分類上は白身でなく、赤身とされます。 


白身の魚は同じ場所にとどまり、身がかたいです。

赤身の魚は回遊し、回遊魚独特の濃厚な味がします。
 







今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ