FC2ブログ
ブログ内検索
img20080902_3_p[1]




広島では「サメ」のことを「フカ」と言い、
県北の三次や山陰では「ワニ」と言います。


サメの身は腐りにいため、
山間部の貴重な魚として重宝され、


三次地方の食文化として発展しました。


生で、焼きで、揚げて、と調理法も様々で、
専門の料理店もあります。

生で食べると 食感が柔らかくてアッサリした味です。

加熱すると あっさりした鶏肉のような感じです。








DSCN4646.jpg




一番ポピュラーなのは「湯ぶき」(湯びき)です

広島では「フカ」というので
「フカ湯びき」としてパック売りの商品が
スーパーなどで売られています。


コラーゲンやスクワレンが多く
美肌効果バッチリです。





DSCN4642.jpg



「トラフグの皮」もコラーゲンたっぷりです。


市販品もたくさん出ています。

このパックは食感がしっかりしていておいしかったです。

フグ皮も私の好物で

冬商品のひとつです。





DSCN4649.jpg



事務所で試食をしました。

フグ皮は添付の もみじおろしとポン酢で。
フカ湯ぶきは 添付の辛子酢味噌で。
生ワカメはサッとゆでて 刺身醤油で。


去り行く冬の・・・フグ皮 
待ちかねた春の・・・生ワカメ
夏にむかっての・・・フカ

季節の移ろいを楽しみ勉強しました。





今日はmiisanでした。
ご訪問ありがとうございました。    
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ