FC2ブログ

2016/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
IMG_4929.jpg


隣の仲卸に
「瀬付きアジ」がいっぱいありました。 

「瀬付きアジ」は山口県のブランド魚です。 

九州の西・・五島列島沖で生まれ
対馬海流に乗って山口県沿岸に来て

その一部が天然の礁(瀬)に住みつき、
豊富なエサを食べて成長したものです。 



IMG_4928_20160418151843c60.jpg


「回遊しているアジ」と違い
瀬に居ついているため
多分、回遊しているものとは違い 
運動量も少なく、


ふっくら肉厚で黄色みっぽく、
脂質10%以上のものが
「瀬付きアジ」として出荷されます。
 

山口県の日本海側は
島や多くの瀬があり、
起伏に富んだ複雑な地形をしています。 

そのためプランクトンも多く
箱入り娘のような
ブランドアジが育ちます。
 




IMG_4925_20160418154727dc0.jpg


これは普通のアジです。

先にこのアジを一箱買っていたので
瀬付きアジは買いませんでした。
 

刺身に出来ると言われましたが
塩焼きと南蛮漬けにしました。
 

普段買ったときは
加工の人達に
用途別に下ろしてもらうのですが、
自分でやってみました。
 



IMG_4926.jpg



レベルの低い話でお恥ずかしいのですが・・・

今回工夫したというか
手を抜いて・・・・
ぜんご(しっぽの近くの硬いところ)を取りませんでした。
 

土曜日は帰りが遅かったので、
帰宅するなり
夕食の塩焼き用の数ををがーっと下ろし
すぐにグリルへ。 

夕食を食べる間にも焼いて
南蛮漬け用のステンレス容器に入れれば
時間が節約できると思い
そのまま残りのアジを下ろしました。
 

頭を落とし、腹を斜めにカットしただけです。 

いつもゼンゴが苦手で時間かかったり
手を切ったりするのですが、 

頭と腹だけなら
ウロコがない分
すごく早いです。
 


IMG_4526.jpg




焼けていれば
ゼンゴはお箸で楽に取れるので
「食べながらゼンゴを取ってね」と
主人に言いました。
 

ちょっとブウブウ言っていましたが
ゼンゴをちゃんと取って、
食事時間がもう30分遅くなるよりいいんだからと思いました。 

この歳になるまで
アジのゼンゴは取るものだと思っていましたが、

取らなければ
苦手意識のあった
アジを下ろす事は
らくらくでした。
 

うちは魚は主人が下ろし、
加工の人たちにもやってもらったりで、
一人で楽をしていたぶん
下ろしは苦手です。
 

ゼンゴをとらないという
窮すれば通ずのやりかたでしたが、
自分としては画期的で、 

「これからはもっと気楽に アジを買うぞ 
と思いました。
 

レベルの低い話でお恥ずかしいです・・・・。
今日もご訪問ありがとうございました。
 

今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ