2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
IMG_0879.jpg



昨夜は大雨と雷が続き
警戒情報や避難勧告などで
携帯がしょっちゅう鳴りました。
 

市場もセリ場が2回停電し大変でしたが、
買ってもらった魚を
台車を押して魚屋さんのトラックに届ける
場内配送の人たちは
大変な濡れかたでした。
 

魚屋さんも
「こんだけ降るけぇ 買って帰るまぁでぇ」
と言い、
昼には晴れるのに、買う気をそがれてしまいます。
 




IMG_0881.jpg


水曜休市日に
マリーナホップにできた水族館に行ってきたので
その写真を使います。
 

水族館にも展示してあるように
「藻場はえさが豊富で、
水流を和らげ、
産卵場所にもなるため
多くの生物の海のゆりかごです」と 
書いてありました。


その藻場が次々となくなっていることも
少しでいいから書いて欲しかったナァ・・・。
 




IMG_0884.jpg


吉文のブログを見てくださっている漁師さんから

「漁協の理事会に
市の下水道局が来て

塩素などの消毒液で
全てのプランクトンを殺すのではなく 

多少赤潮が増えても
消毒液を減らす取り組みをします」
と言ってきたそうです。
 




IMG_0885_20170630142549474.jpg


「会場では皆が
遅い、すぐやれ
何もかも殺すなって。」  

「魚が食べるエサがないのです。
アサリも死にます。」 

「もう遅いけど、すぐやれーっ」と
漁業者もカキ業者も 皆で言ったそうです。 



IMG_0887.jpg


その方が言うには
「以前はアマモの生育していた広い所で、
網を入れれば、車海老が何百匹、 
シャコなんか2斗槽何杯も獲れていた」そうです。


「アマモは大切です。
いつか元のように藻場を再生しなきゃと思っています。」 
とのことでした。






IMG_0895.jpg
           (チンアナゴは子供達に人気です。歌もあるんですよ。)


ブログは、
吉文のフェイスブックにシェアしているのですが、


愛媛県宇和島の漁業者の方から、
「宇和島でも取り組みしていますよ。
生えて来ましたよ。」とご連絡を頂きました。
 

「磯焼けで真っ白のツルツルで、
カキとウニしか見えなかったのが、
今は藻の間を
小魚が泳いでいます。」と
 

アマモなどの藻場はできます。 
地道にコツコツという努力が必要です。」とのことで
写真まで添えてくださいました。


藻場の再生は他でも聞いたことがありますが
実際に現地にいる方からの
お話は希望が満ち
心が膨らみました。  

・・・・・次回に続く・・・・







今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ