2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
IMG_0685.jpg


「マイクロプラスチック問題」 

地球温暖化の二酸化炭素による
「海の酸性化問題」 

「干潟、藻場の消失問題」 

に加えて、
瀬戸内海は囲まれた池のようなものなので、
外洋に面しているところでは
あまり問題にならないことも
大きい影響がでます。 



IMG_0645_20170701162352549.jpg



そのひとつの
下水道施設からの排水に含まれる
「強い塩素消毒薬問題」
 

昨日のブログに書きましたが
下水道局から緩和するとの返事があったことは

漁師さんやカキなどの漁業者の人たちの
努力の成果だと思います。

昨日のブログに
漁師さんからコメントが来ました。

「マジに切実です。
 魚がいなくなっているんです。
 魚にエサを!! 

見た目にきれいな海より、
豊かな海に!!」
 



IMG_0960.jpg


「僕らは現実の中にいます。
 今年の漁獲は、去年の半分以下です! 

マジに底物がいません。
魚もペラペラです(栄養が足りないので)!」 

実際に魚を獲り続けて
それで生活している漁師さんの言葉は
なににもまして重いです。
 



IMG_0978.jpg
          (今朝、事務所で試食してみたぺヤング焼そば・パクチーマックス)


瀬戸内海にはこのほか
カキ養殖のカキいかだの下の
カキの排泄物がたまったヘドロ問題もあります。
 

それに干潟や藻場を再生しようとしているのに、
まだ何ヶ所かの埋め立て工事予定が進行しているそうです。 

政治やら利権やら、それについている工事業者の利権やら
いろんなものがあって
なかなか大変だとは思いますが・・・


中国新聞の連載記事のまとめ文のように 
「私たちは、今できることを
1つ1つ積み重ねていくしかない。 

再生されたアマモ場を見て欲しい。
驚くほど水は澄み、
小魚が泳いでいる。 

海の声に耳を傾けよう。
瀬戸内海は
まだ応えてくれる。」 





今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ