FC2ブログ

2019/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
IMG_0145_201912051501409ac.jpg


先日来 続けて
「迷いカツオ」を食べました。 

遠州灘で育った
カツオ大好き人間なので
是非食べておきたかったのです。 

写真は2回目のものです。

静岡ではカツオとマグロで
一年中赤身のきれるときはありません。 

一面真っ赤な刺身売場を見て
主人も、娘の婿も、息子も
毎回驚きます。


IMG_0151_2019120515013570a.jpg



カツオの旬は春と秋の2回です。

フィリピン沖から黒潮にのって
太平洋岸を北上し 

鮮烈な血の匂いを含む酸味は
初夏の味覚として
江戸っ子の好きな
「初カツオ」です。
 


IMG_0147.jpg


北上するカツオは9月に三陸に達し
産卵準備ですごい食欲になり、 

えさのイワシを追って
Uターンし、南下します。
 

脂がのった安芸の味覚
「戻りカツオ」です。 

初カツオの10倍の脂といいます。 




IMG_0148.jpg


ところが
本来黒潮にのって北上する
カツオの一部が

対馬海峡に入り、萩、島根、富山、佐渡と
北上します。
 

冷たい日本海の海水を泳ぎ、身がしまり、
脂のりと豊かな甘みと香りの
「迷いカツオ」と呼ばれ 
カツオ隙の垂涎の的となります。
 




IMG_9867.jpg


小型のメジマグロの群れに入り込み
同じエサを食べ、
同じ行動をしているのだそうです。
 

私が料理をしたので
刺身がヘタで
公開をためらっていた刺身です。 

ただ 身の霜降りがすばらしいのと
カツオ特有の生臭さがなく、
すごいカツオを体験したと思いました。
 



IMG_9866.jpg


私は皮を引くのもヘタなので、
皮に塩をふりかけて
焼きました。
 

刺身とは別物で
すごくおいしくて、
脂がすごかったです。
 

上手な人たちは
サッと皮をひいて捨ててしまうので

今度「皮ちょうだい」と言おうかと思います。
でも私みたいにヘタにひいたのでないと
美味しくないのかもしれません。
 



今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ