2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
IMG_9022.jpg


今朝の中国新聞の社会面のトップ記事は


「広島カキ 採苗が不調」 
「2年後激減か」 
「日照不足・・・例年の1割も」
 

と大きく出ていました。

カキ生産量が全国1位の広島県で
養殖カキを育てるための
「採苗」が1割から3割に届かない程度の付着だそうです。
 

採苗が不調だった去年でさえ
7.8割りはあったそうです。





IMG_8900_201410301654468e2.jpg


カキの養殖期間は平均2年。

採苗は海にただようカキの幼生を
初夏から初秋にかけて
海中につるしたホタテの貝殻に付着させます。
 

この付着した幼生が稚貝になります。
 


DSCN6496_201410301712449a8.jpg



この夏は天候が悪く、
日照時間が例年より少なかったため 
幼生のエサになる
植物性プランクトンが育たなかったのでは?とのこと。


そういえば広島市はこの夏
一日のうちで一度も雨が降らなかった日は
たった1日でした。
 

うちでも 夏休みの子供たちを一度もプールに
連れて行かずじまいでした。
 





DSCN6495.jpg


新聞には・・
7~9月に海中に沈めたホタテの貝殻


30万枚の内 ちゃんとついたのは1割の3万枚とか
100万枚のうち付着は10万枚だったとか
すごいことが書いてありました。
 


2年で育つところを
3年かけて大きくすることもできるそうで、 

来シーズンに
水揚げするカキの一部を
海中に残しておき 
来来シーズンに出荷するなどの対策をとるそうですが

激減は避けられないとみられています。





今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/1598-0a6d1751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック