2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
IMG_2316_2015091615314328c.jpg



魚市場は草津八幡宮の氏子だと思います。 

恵比寿講祭、魚霊祭など
八幡宮の神主さんや巫女さんが来てくれます。
 

今日はお世話になっている八幡さまネタをひとつ。

先日、孫のお宮参りで草津八幡宮に行きました。 

おみこしを入れておく所の戸が開いていて
男の人が座っていました。
 




IMG_2308_20150916153141953.jpg


その人は金属の板に
正解はの模様を
打ち出しているのでした。
 


彫金というのでしょうか
コンコンコンコン打っていました。


写真を撮らせてもらったら
「もっと難しい模様を打っているときに
写してほしかったなぁ」と笑っていました。
 



IMG_2309_2015091615314034e.jpg


「日本の手仕事ですねぇ。 
値打ちのある仕事ですね。」
と声を掛けると、


「このごろ普通は プレスでやってるものが
多いんですよ」と言いました。 

1回たたいて1個の穴なので
膨大な数をもくもくと、たたきあげていました。 



IMG_2348_2015091615313709a.jpg


お神輿の修理に使う金具なので
サイズに合わせて
元の模様に合わせて
下書きを入れていました。 

こういう人によって、日本の手仕事は、
文化財は、守られていってるんだなぁと
本当にありがたいと思いました。
 



IMG_2318_201509161531362f0.jpg



草津八幡宮のお神輿は
「けんか神輿」で
町内あちこちでぶつかりあいます。
 

そのため損傷が多く、
いろんな部材や飾りがとれて落ちます。


お神輿の後ろには
神社の関係者の人が着いて歩き
取れて落ちた飾りを拾い 
直すのに使います。
 

「けんか神輿」といっても
ぶつかる時には
組み方の型があります。
 

「この頃の若い人は
ただ力だけで ぶつかるので、
お神輿の壊れがひどい」と 
以前神主さんの奥さんが言っていました。



草津八幡宮のお祭りの次の日は
毎年 魚市場の魚霊祭です。
 





今日もご訪問ありがとうございました。  


今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/1774-aca8c93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック