2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
IMG_0872.jpg


中国新聞の特集
「海に聞く・瀬戸内再生」は
取り上げて頂いて
本当にありがたかったです。
 

24日は
「酸性化・データ収集対策急務
  二酸化炭素増加が生態系へ打撃」 

大気中の
二酸化炭素濃度が上昇し
海水に溶け込む量が増えるためにおこります。 

海水の酸性化は、
地球温暖化とともに
世界中で進んでいます
。 



IMG_8609_20170627141800d57.jpg



酸性化が進むと
まず貝が
殻や骨格を作りにくくなり
天敵にもやられやすくなるので減ります。
 

食物連鎖の底辺を支える
植物プランクトンが育ちにくい環境になり
生態系に大きな打撃となります。 

2年前のカキの稚貝の採集不足は
貧栄養価だけではなく
海水の酸性化もありました。
 

またカキの幼生の死
へい死のあまりに多かったことも
このシーズン初めに驚きました。

「こういうことだったのか 」と思いました。 



IMG_9909.jpg


25日は
「干潟・藻場 脱温暖化へ再生重要」  

藻場は海の二酸化炭素を吸収し、
炭素として溜め込みます。
 

海は森林よりも二酸化炭素の吸収量が多く、
このためこんだ炭素は
「ブルーカーボン」と呼ばれます。
 

(森林が吸収するものは
「グリーンカーボン」と呼ばれます。) 

藻場や干潟は多様な魚介類の
繁殖や生息の場であり、
水質浄化に重要な役割をはたしています。
 

しかしアマモ場は60年以降からでも
7割減ってしまっています。
 



IMG_5059_201706271417575b9.jpg



次回のブログで(土曜日)
さらに身近な広島湾近辺のことを 

地物の漁師さんの話とともに
お伝えしたいと思います。 






今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
今日は。
うちは中国新聞を取っていないので、この件知りませんでした。図書館に行って読んでみようと思っています。

日本の漁獲量がだんだん減っていること、これに対して海外では漁獲量を管理して漁獲量が維持され、漁業が産業として繁栄している例もあり、若い人にとっても漁業は魅力的な職場になっている、というようなことを、新聞だったか雑誌だったかで読んだ記憶があります。
私もなんとなく「天然もの」と書いてあるとそれを買いたくなるのですが、買って良いものかどうか、一瞬躊躇することがあります。
最近店頭でキンメダイの小さいのをよく見ますが、あんなの獲っちゃダメじゃないの・・?、と思ったりもします。
私はもう歳ですが、我が孫子の代まで日本の魚食文化がすたれないよう、政策面でもどうにかしないといかんのではないか、と感じています。
実際に現場で日々お魚を見ていらっしゃるお立場の皆さんのお悩みはまた深いものがあると思います。
2017/06/30(金) 09:27:14 | URL | アナゴ #-[ 編集]
Re: アナゴさま
> おひさしぶりでーす。

うちも中国新聞ではないので
会社でとっている中国新聞は
大事な地域の情報源です。

私も小さい魚の入荷を見ると
もうちょっと・・と思います。

ここ2年のカキは危機寛を強く感じました。
2017/06/30(金) 18:04:16 | URL | yoshibun miisan #cQDFevg2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/2063-b116b783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック