FC2ブログ

2018/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
IMG_3007.jpg


昨日の中国新聞に
「肝に栄養 カキいかだ産」
というタイトルで
カワハギの記事が載っていました。
 

この漁師さんから
このカワハギを
吉文は活かしで納入してもらっています。 

日本一の生産量の広島カキ
このカキ養殖のいかだの上で
ハゲを獲ります。
 

ハゲは雑食性で何でも食べますが、

このハゲは カキいかだにつるされた
カキのまわりに集まって

カキ殻に付着したものや
浮遊する海草の芽などをエサにします。 





IMG_3004.jpg



この「いかだはげ」は運動量が極端に少なく
肝に栄養がいくのだそうです。
 


またハゲの表面はザラザラしているので
Y字型の挟みとる道具で
一匹づつ挟んで捕まえます。 

このためハゲはほとんど暴れることなく
生かしたまま船の水槽に
入れることができるのだそうです。 

底引き網漁だと
一度にたくさん獲れますが
網の中で暴れ
身質が悪くなるとのことです。 

この「いかだハゲ」漁法は
広島くらいのものだそうです。 




IMG_2991.jpg


このカワハギを
漁師さんからもらって 二日前に食べました。
 

写真は一人前で、
薄作りは肝を入れたポン酢で食べ

アラで小さな鍋が出来ていました。 

主人の得意な
干し柿を使ったなますも出来ていました。 



IMG_2994.jpg


新聞に書いてありましたが、

ハゲの肝は
ビタミンやミネラルも豊富ですが 
主に脂質で、

肉類の脂肪と違って
融点が低く、
口溶けがよいのが特徴とのことです。
 

おいしかったです。 

12月から2月ころは
肝が大きくなります。

広島のハゲを
食べてみてください。  





今日もご訪問ありがとうございました。 



今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/2112-016756ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック