FC2ブログ

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
IMG_5432_20180629095553355.jpg


今日は小イワシの入荷を
連続で撮りましたので
見てください。
 

場内の荷物がスカスカという
この大風の中 

小イワシを獲る漁船が
出ていたのには驚きでした。

写真は浮き桟橋で
小イワシを積んだ船が着くのを
荷受の人たちが待ちかまえているところです。 

フォークリフトもすぐ近くで
待ちかまえています。 



IMG_5435_20180629095710a46.jpg


漁船到着 

船には丸に鮮にイワシと書いてありました。

私は写真を撮るあいだ
浮桟橋にいただけなのですが、
港の中ですが うねりがひどくて
船酔いみたいに気持ち悪くなりそうでした。 

この中を出航して漁をしていたなんて
驚きでした。
 


IMG_5434_201806290955521e0.jpg


今朝は強風で
港に面したセリ場のシャッターは
何枚も閉めてありました。
 

それでも風が強く
「氷をふっても ふっても解けてしまう 
「箱が飛ぶ、エブが飛ぶ、伝票が飛ぶ 」」
と大変でした。
 

現場が終わった後
長老が「久しぶりに高かったのう」 
と言いました。



IMG_5442_20180629095552f21.jpg


「〆タイが何円 、こんな相場があるんかと
笑っちゃったぜ」と近海担当。
 

「よく吹くのう アジャパーじゃわ 」と
いつの時代の人ですか  というギャグを言う人とか、
現場は結構大騒ぎでした。 

だから「小イワシの船が入る」にはビックリでした。 



IMG_5446_20180629095551dfb.jpg


17・8人の人が
ものすごい勢いで作業し
緊張感タップリです。
 



IMG_5439_20180629100606bdb.jpg


これらの銀色のバケツで
船倉から小イワシをすくって
トロ箱にあけていき
  

見る見る小イワシの入った箱の山が
出来てゆきます。
 




IMG_5452_20180629095550b45.jpg


バケツで小イワシを箱にあけます。 


IMG_5451_20180629095711beb.jpg

バケツで小イワシを
次々箱にあけます。
 


IMG_5456.jpg


待ちかまえていたフォークリフトが
セリ場に運び
 

各仲卸の場内配送人たちが
台車で待つ中を・・・
 

あっという間にセリにかけられ
あっという間に場内に散ってゆきます。
 


IMG_5458_201806290957098d6.jpg


広島人のソウルフード
愛してやまない小イワシです。
 

午前1時に出航して
3~4時間漁をして
いそいで帰る。 

このスピードとそれを支える
連係プレーで
小イワシの刺身と天ぷらという
広島の食文化が支えられています。
 






今日もご訪問ありがとうございました。 
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/2167-7534d8dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック