2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
DSCN1684.jpg
       (おろしてから、骨切りしたハモです。)




ハモは西日本で人気の夏の商材です。



京都の祇園祭、大阪の天神祭りに向かい
関西のハモ商戦はピークになってゆきます。

京都、大阪にたくさん引かれる分相場も高くなります。
両祭り以降は 相場も落ち着いてくるのでねらいめです。


梅雨の水を飲んでうまくなる・・といわれ
夏が旬といわれますが

秋口の脂ののったハモも私は好きです。








DSCN1685.jpg
       (骨切りしたものです)



瀬戸内海のハモは 例年に比べ水温が2度ほど低いことから

産地によりばらつきはありますが
やや小さめのサイズが多く、漁獲にも影響が出ているそうです。



このところ梅雨や低水温の影響はあるものの
500gから700gの丸みを帯びたサイズが増えてきて
釣り物も好調です。





DSCN8939a (2)
        (歯もするどく、どうもうな顔をしています)



ハモは熱湯に通した「湯引き」で食べられることが多く、
梅肉や辛子酢味噌をつけて食べます。


梅肉は、煮切りみりん、酒、薄口醤油を混ぜてつくるとおいしいですよ。


片栗粉をまぶして作ったハモの吸い物もおいしいし、
天麩羅、蒲焼、鍋などのほか
草津ではお祭りの料理の八寸もハモを使います










150x150_square_4585594[1]
    (ハモ湯引き)


DSCN0654.jpg




ハモの皮の蒲焼です。


高級なカマボコを作った時に出る皮で作ります。

きゅうりの酢物にいれるとほんとうにおいしいです。


強靭な生命力を持つゆえに
京都で発展したハモ料理


梅雨で山からおりてきたたっぷりの栄養分を吸ったハモを
ぜひ味わってくださいね。







今日もご訪問ありがとうございました。
今日の「吉文」のランキングを見てください 
                    
ブログランキング・にほんブログ村へ   広島ブログ



         
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/tb.php/773-e7555786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック